パリやボローニャの街角で見つけた絵本とアート ★ illust-euro online store for Art & Picture Books
ホームお取り寄せ可能な絵本Une âme égarée (置き去りの心)翻訳付
商品詳細

Une âme égarée (置き去りの心)翻訳付

販売価格: 5,400円 (税込)



お届けは約1ヵ月後となる場合があります。ご了承ください。

のジョアンナ・コンセジョは、ポーランド出身(1971年生まれ)。1998年ポズナンの美術学校を卒業しました。パリに移住しイラストレーターとしての活動を開始します。2004年ボローニャ絵本原画展に入選。ポルトガル・バレイロで開催されるイラストレーション・ビエンナーレ "Ilustrarte"に2005年 2009年 2013年に招待され出品しました。陰影のある絵が、ポーランド、フランス、イタリアなどで高く評価されています。この絵本(ポーランド語版)が、2018年ボローニャ・ラガッツィ賞優秀賞受賞しました。

販売価格 5,400円 翻訳付

Joanna Concejo(イラスト)
Olga Tocarczuk(文)

商品コード:FR00300-JC
タイトル:Une âme égarée
ハードカバー:52ページ
出版社:Editions Format
言語:フランス語
ISBN-13:9788361488903
発行:2018年
商品の寸法:27×20.2cm
コンディション:☆☆☆


他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
テキストを書いたのは、2018年ブッカー国際賞を受賞したポーランドの作家オルガ・トカルチュク。絵、文とも非常にすぐれた内容です。
人間は社会のスピードに従い、生活している。一見、何の問題もない。ところが体はそのスピードに乗っても、心はついて行けない。そのため心は、ある時点から持ち主に捨てられる。主人公の男は、心を捨てて生活していることに、ある日気づきます。そこで高名な医師を訪問。診断とアドバイスを受けます。 男は忠実に、過去と向き合い、心を取り戻していきます。
(画像をクリックすると大きく見られます)
絵本には、主人公の男と思われる人物が描かれます。ところどころに子どもが描かれ、最後に家の中で、ふたりが並んでいます。子どもは主人公の幼少時代、彼の心の原点でしょう。
広い公園、木々のある風景などは、かつて暮らし、目にした・・・心と肉体が一緒だった頃のシーンでしょう。それが今、孤独な部屋に閉じこもり、回想する。
左ページに過去の記憶や思い出が描かれ、右ページに現代の主人公が。男は幼いころの懐かしい思い出さえ、現代の生活によって忘れていました。それらを少しずつ取り戻し、心が再生できたのではないか…絵からはそのように読み取りました。
絵は、鉛筆で非常に細かく、リアルに、心象風景を描きます。人の顔に、憂いが、優しさがあり、深い味わいを感じます。本の装丁も古書のようで、内容に則しみごとな仕上がり。大人の絵本として上質でしょう。
(画像をクリックすると大きく見られます)
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス