パリやボローニャの街角で見つけた絵本とアート ★ illust-euro online store for Art & Picture Books
ホームフランス語の絵本Giselle(ジゼル)翻訳付
商品詳細

Giselle(ジゼル)翻訳付

販売価格: 8,000円 (税込)
数量:
イラストレーターのシャルロット・ガストー(1974年生まれ)は、マルセイユの出身。パリのESAG Penninghen美術学校を卒業後、女性誌を中心に活動します。2001年はじめての絵本を出版します。その後は、千夜一夜物語、眠れる森の美女、ロバの皮など、有名なお話を題材に、絵本を描いています。2016年1月にイラスト・ユーロで紹介したロシアの音楽家・ストラヴィンスキー作曲のバレエ音楽「L’OISEAU DE FEU火の鳥」も大好評でした。この作品『ジゼル』(Giselle)は、1841年にフランスで初演されたバレエ作品です。全2幕。作曲はアドルフ・アダン、振付はジャン・コラーリとジュール・ペロー。ロマンティック・バレエの代表作の一つです。

販売価格:8,000円 翻訳付

Charlotte Gastaut(イラスト)
Théophile Gautier&Jules-Henri Vernoy de Saint-Georges(共同台本・原案)

商品コード:FR00305-CG
タイトル:Giselle
ハードカバー:44ページ
出版社:Amaterra
言語:フランス語
ISBN-13:978-2368561478
発行: 2017年
商品の寸法:29.8×33 cm
コンディション:☆☆☆


他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
結婚を目前にして亡くなった娘達が妖精ウィリとなり、夜中に森に迷い込んできた男性を死ぬまで踊らせるというハインリヒ・ハイネによって紹介されたオーストリア地方の伝説に着想を得て作られました。2幕物で、第1幕の昼間の森の場面と第2幕の夜の場面の対照が印象的。主人公が死装束で踊る唯一のバレエ作品といわれています。
物語りは、踊りの好きな村娘ジゼルに、アルブレヒトは貴族である身分を隠し、名をロイスと偽って近づく。ふたりは想いを通わせるが、ジゼルに恋する村の青年ヒラリオンは面白くない。彼はアルブレヒト(絵本ではアルベール)が普段の衣装や剣をしまう小屋から剣を見つけ、村の青年ではないことを確信してその剣を持ち出す。ここから、悲劇が始まります。
(画像をクリックすると大きく見られます)
絵は、この作家の作風がいかんなく表現されています。随所に切り抜き加工を効果的に使い、曲線を多用した装飾的なスタイル、アーモンド型の大きな目の登場人物が、彼女の作品の特長です。
表紙に金文字のタイトル(写真では黒くなっていますが)を、中ページには、レースのように繊細な切り抜きで表現した豪華な絵本です。
森の外れにある村が舞台で、木々、草花が、朝、昼、夕の時間の変化によって、さまざまに美しく表現されます。そして切り抜かれ、次ページの絵と重なり合い、重厚な絵になるように工夫されています。また、妖精達の服装や模様は、とても細かく描かれ、ファンタスティックです。
(画像をクリックすると大きく見られます)
きれいです
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス