パリやボローニャの街角で見つけた絵本とアート ★ illust-euro online store for Art & Picture Books

SHOPPING

ホーム下北沢ペッシュ扱い絵本LE JARDIN DES OURS(パピィとぺぺがいた庭)
商品詳細

LE JARDIN DES OURS(パピィとぺぺがいた庭)

販売価格: 6,600円 (税込)




この絵本は、下北沢の雑貨店[ペッシュ]店頭にあります。


デビュー作「森のルーヴ」で、一躍人気作家になったファニー・デュカセの最新作です。まだ20代の若手で、大学で現代文学を、ファッションの名門校・パリ・クチュール組合学校で学んだのち、イラストレーションの世界に入った異色の経歴の持ち主です。

販売価格:6,600円 翻訳付

Fanny Ducassé(イラスト・文)

商品コード:FR00174-FD
タイトル:LE JARDIN DES OURS
ハードカバー:40ページ
出版社:Editions Thierry Magnier
言語:フランス語
ISBN-13:978-2-36474-783-8
発行: 2015年
商品の寸法:25×31cm
コンディション:☆☆☆


他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
物語の舞台は、前回と同じく「森」です。主人公のクマ「ぼく」が、パピィとぺぺと過ごした日々を回想します。フランス語でパピィ(Papi)とぺぺ(Pépé)は「おじいちゃん」(幼児語)を意味します。森の庭で、二頭のおじいちゃんといっしょにしたこと、教えてもらったこと。すべてが「ぼく」の大切な思い出となり、あざやかによみがえります。今回の絵本では、料理が得意なパピィのレシピが登場。ぺぺが歌う「リラの花が咲くころ」は、1890年に作られ、今も歌いつがれる曲です。さらに世界中で放映される連続ドラマ『ザ・ボールド・アンド・ザ・ビューティフル』を見るシーンも描かれ、暖かさの中に、ユーモアと情報がいっぱいつまった絵本です。
(画像をクリックすると大きく見られます)
とても細かく、ていねいに明細に描かれています。この作家の特徴が、ふんだんに現れています。これだけ描き込まないと、力のある絵ができないのだと、感心します。左ページに木々、木の葉でページを満載、右ページを白地に文字だけでレイアウト、キレイな編集となっています。さらに次に開くと、白地を生かした絵が登場、さわやかな絵も見られます。熊の動作が愛らしい。細いペン書きと透明水彩ですが、重量感のある仕上がりです。絵の具のぼかせ方も上手です。
(画像をクリックすると大きく見られます)
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス