パリやボローニャの街角で見つけた絵本とアート ★ illust-euro online store for Art & Picture Books
ホームフランス語の絵本La Barbe Bleue(青いひげの男)翻訳付
商品詳細

La Barbe Bleue(青いひげの男)翻訳付

販売価格: 3,300円(税込)
数量:
フレデリック・ベロニー(1975年生まれ)は、パリ15区にある国立高等工芸美術学校出身。卒業後は、広告制作の世界で、グラフィック・デザイナー、アート・ディレクターとして活躍する一方、イラスト作品を制作していました。2014年絵本デビューを果たします。2015年発売のこの絵本は、第二作目となります。
シャルル・ペロー(1628〜1703)フランスの詩人。『ペロー童話集』の作者として有名。ペローの物語は、今も世界中の子どもたちに愛され、音楽や映画、舞台、オペラなどのテーマとなっています。『眠れる森の美女』『長靴をはいた猫』は有名です。


販売価格:6,800円→3,300円 翻訳付

Frédéric Bélonie(イラスト)
Charles Perrault(文)

商品コード:FR00193-FB
タイトル:La Barbe Bleue
ハードカバー:32ページ
出版社:ACTES SUD junior
言語:フランス語
ISBN-10:2330053770
発行: 2015年
商品の寸法:35×22cm
コンディション:☆☆☆


他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
シャルル・ペローの「青ひげ」をご存じですか?1697年(日本では江戸時代の前期)に書かれたお話ですが、物語は古さを感じさせません。結末はいったいどうなるのか?と、読み進むうちに興味がどんどんわいてきます。
《ある金持ちの男は、青い髭を生やしたその風貌から「青ひげ」と呼ばれ、恐れられていた。また、青ひげは、これまで6回結婚しながら、その妻たちは、ことごとく行方不明になっていた。青ひげは、4兄妹のうちの美人の姉妹に求婚し、妹と、7回目の結婚をすることになった。さて、この新しい妻は…》
(画像をクリックすると大きく見られます)
ていねいに描いた絵です。柔らかい芯の鉛筆だと思いますが、線のストロークがそろっていて美しい、シンプルで無駄がない。人ばかりか、家具や木々、建物もしかり描かれています。モノクロで描いた上に、色を伏せています。製版上か、PCで鉛筆画に入れたのか、色は筆で塗っていません。きれいな色面を実現。色構成で、例えば『青ひげ』がテーマだけに、ブルー調で、さらに深い色と、赤で、恐怖が強調されています。とてもドラマティックな絵です。
(画像をクリックすると大きく見られます)
キレイです
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス