パリやボローニャの街角で見つけた絵本とアート ★ illust-euro online store for Art & Picture Books
ホームお取り寄せ可能な絵本LE MONSTRE AUX YEUX DE FEU(ぼくの怪獣くん) 翻訳付・取寄せ
商品詳細

LE MONSTRE AUX YEUX DE FEU(ぼくの怪獣くん) 翻訳付・取寄せ

販売価格: 5,940円 (税込)



お届けは約1ヵ月後となる場合があります。ご了承ください。

クヴィエタ・パツォウスカーは、チェコ出身のイラストレーター。まもなく90歳ですが、意欲的に創作を続けています。プラハの応用美術学校に入学し、キュービズムやバウハウス思想にふれました。鋭敏な色感と自由な発想で、絵本のほか、絵画や立体を制作しています。1983年ブラチスラバ国際原画展(BIB)金のりんご賞、1992年国際アンデルセン賞画家賞など、国際的な賞を多数受賞しています。

販売価格5,940円

Květa Pacovská (イラスト)
Annelies Schwarz(文)

商品コード:FR00271-KP
タイトル:LE MONSTRE AUX YEUX DE FEU
ハードカバー:40ページ
出版社:Minedition
言語:フランス語
ISBN-13:978-2354132606
発行: 2014年
商品の寸法:27×25cm
コンディション:☆☆☆



他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
自分だけの怪獣がほしい主人公の少年リッキ。怪獣など手に入れられないと両親に言われますが、ある夜、ほしかった怪獣が部屋にやって来ます。怪獣は大きくなったり、小さくなったり自由自在。リッキの望み通り強くて、泳いだり、飛ぶこともできます。部屋で暴れ回るリッキと怪獣ですが、ついには外へ出かけます。絵本に登場する怪獣は、こどもの夢であり、理想の相棒なのでしょう。
(画像をクリックすると大きく見られます)
子どもの絵のように、自由に思いつくまま描いています。誰でも描けそうだ・・・という人も出てきそう。ですが、自由に描くほど難しいことはありません。しかもこの絵はよく考えて描かれています。怪獣の体、顔、足先まで形が明確に描かれています。線も意図して計算どおり引いています。これは大人の仕業。とくに、色彩のバランスが、上手ですね。赤、グリーンが白地をバックに鮮やかです。所々、銀で光る印刷があります。絵の概念をこえた作品です。このような作風にチャレンジしてみませんか。
(画像をクリックすると大きく見られます)
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス