パリやボローニャの街角で見つけた絵本とアート ★ illust-euro online store for Art & Picture Books

SHOPPING

ホームお取り寄せ可能な絵本49 (冬の仲間たち) 翻訳付 取寄せ
商品詳細

49 (冬の仲間たち) 翻訳付 取寄せ

販売価格: 4,950円 (税込)



お届けは約1ヵ月後となる場合があります。ご了承ください。

クリスティーナ・シティア・ルビオは、ベネズエラ出身。現在、ベルリンとバルセロナを行き来しながら、制作活動を行っています。もともとは写真やデザインが専門でしたが、イラストの世界に転向。今回はテキストの制作も行いました。2011年、2012年ボローニャ絵本原画展に連続で入選、2014年リスボンのイラストレーション・ビエンナーレIlustrarteに入賞しています。彼女の作品は、これまで2冊イラスト・ユーロでご紹介しました。自己と他者の関係を都市生活を舞台に描いた<Les autres>、秋を過ごす愉しみを描いた前作<Octobre>。そして今回のテーマは「冬」です。

販売価格:4,950円 翻訳付

Christina Sitja Rubio(イラスト・文)

商品コード:FR00313-CR
タイトル:Le plus bel hiver
ハードカバー:42ページ
出版社:Editions Notari
言語:フランス語
ISBN-13: 78-2-940617-11-1
発行: 2018年
商品の寸法:21×29cm
コンディション:☆☆☆


他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
冬を迎えた森が舞台です。主人公のアナグマは、冬に向けてあれこれ楽しい計画をします。ともだちの動物をたずね歩きますが、みんな冬眠に入り、巣から出てこようとしません。家に帰ってひとりで遊びますが、飽きてしまいます。訪問したコウモリからの情報で、冬眠しない動物が集まる場所へ行くことに。これまでいっしょに遊んだことのない顔ぶれですが、勇気を出して声をかけ、ともだちになれました。冬の間、お互いの遊びを教えあい、すっかり仲よくなります。アナグマはそのお礼に、この冬いちばん上手に焼けたトーストをみんなにごちそうします。原題のLe plus bel hiverは<いちばんすてきな冬>。動物たちの交流、季節のうつりかわりが、やさしいタッチで描かれます。
(画像をクリックすると大きく見られます)
動物たちの冬ごもりの生活が楽しく、そして詳しく描かれています。水彩絵の具でしっかり塗られ、また、水をたっぷり含ませ、テクニックのあるところをうかがわせています。特に、メインになる部分は注意深く、背景部はあっさりと仕上げて、その部分をよく見ると、うっすらと遠景が描かれ、空気遠近法のような工夫がされています。春になり、小動物が生き生きする姿がかわいいです。
(画像をクリックすると大きく見られます)
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス