パリやボローニャの街角で見つけた絵本とアート ★ illust-euro online store for Art & Picture Books

SHOPPING

ホームお取り寄せ可能な絵本Une chanson d'ours(クマの父さん、オペラ座で歌う) 翻訳付
商品詳細

Une chanson d'ours(クマの父さん、オペラ座で歌う) 翻訳付

販売価格: 6,050円 (税込)



お届けは約1ヵ月後となる場合があります。ご了承ください。

バンジャマン・ショー(1975年生まれ)の絵本作家、イラストレーターです。フランスのオート・アルプ地方ブリアンソン生まれ。スキー選手を夢見ていましたが、高校卒業後はパリ応用美術学校、ストラスブール装飾美術学校のイラストレーション科創設者で作家のクロード・ラポワントに学びます。絵本作家としてAlbin Michel, Actes Sud, Héliumなど著名な出版社から絵本を出版。1999年ボローニャ国際絵本原画展入選、2015年には同原画展の審査員に選出。さらに2015年この絵本Une chanson d’Oursで、ニューヨーク・ソサエティ・オブ・イラストレーターズから金賞を授与されました。

販売価格:6,050円 翻訳付

Benjamin Chaud(文・イラスト)

商品コード:FR00324-BC
タイトル:Une chanson d'ours
ハードカバー:32ページ
出版社:hélium
言語:フランス語
ISBN-13:9782358510776
発行: 2011年
商品の寸法:36.5×24 cm
コンディション:☆☆☆


他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
パリ・オペラ座の屋上で、30年以上前から養蜂が行われているのをご存じでしょうか?とれたハチミツは、オペラ座のおみやげとして、とても人気があります。さてこの絵本、オペラ座に住むミツバチを追いかけて、森からパリへやって来たクマのお話です。冬眠をしていたクマ親子のもとに、季節はずれのミツバチがやってきます。ハチミツが大好物の子グマは、ミツバチを追っていきます。目覚めたお父さんクマは、子グマがいないことに気づき大あわて。たどり着いた大都会・パリのオペラ座で子グマを探すお父さんクマですが、バレリーナ、オーケストラ、観客はパニックになります。
子グマはどこに?お父さんクマといっしょに探してください。ページ見開きのどこかに、子グマがいますよ。
フランスではこの絵本がジグソーパズルになるほどの人気です。
(画像をクリックすると大きく見られます)
線で描く絵が巧みな人ですね。精密にリアルに描いているのですが、楽しくデフォルメをして愉快な画面を作っています。絵本のオーソドックスな分野の一角を守りながら描いています。画面構成が単純で、その中に、意外な形状の事物がうごめいているように描かれます。大きな枠組みがしっかりしているので、ごちゃごちゃ感がありません。うごめく様々なモノを、安心して、ひとつずつ見ることができます。この構成をしっかりさせることで、いわゆるマンガ(バンドデシネ)と、少し違ったイラストの世界が作られているようです。

(画像をクリックすると大きく見られます)
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス