パリやボローニャの街角で見つけた絵本とアート ★ illust-euro online store for Art & Picture Books

SHOPPING

ホームフランス語の絵本Le chat botté(長靴をはいた猫)翻訳付
商品詳細

Le chat botté(長靴をはいた猫)翻訳付

販売価格: 5,500円 (税込)
数量:
イラストレーターのガブリエル・パチェコは、メキシコ生まれ。メキシコ国立芸術学院付属演劇学校に学び、シルクスクリーンのディプロマを取得。1997年からイラストレーターとして活動しています。詩的で繊細な画風が認められ、数多くの国際コンクールに入賞しています。で韓国CJ絵本賞受賞、アストリッド・リンドグレーン記念文学賞ノミネート、2007年ポルトガルのイラストレーションビエンナーレIlustrarteに選出。2007,2008,2011年ボローニャ国際絵本原画展に入選。で、2009年ボローニャ・ラガッツィ賞特別賞(New Horizon部門)を受賞。
これまでに30冊近い絵本をメキシコ、スペインなどで出版しています。

販売価格5,500円(翻訳付)

Gabriel Pacheco (イラスト)
Charles Perrault(原作)

商品コード:FR00330-GP
タイトル:Le chat botté
ハードカバー:52ページ
出版社:Minedition
言語:フランス語
ISBN:978-2-35413-432-7
発行:2019年
商品の寸法:22.3×28cm
コンディション:☆☆☆



他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
「こんな猫がいてくれたら!」と願わずにはいられない逆玉の輿物語。貧しいけれど、心やさしく正直な三男坊。粉ひき職人の父親が亡くなり、兄ふたりと遺産分けして手に入れたのが猫一匹。ところがこの猫、並外れた頭のよさと機転の持ち主で、あれよあれよという間に、三男を伯爵に仕立て、お金持ちの城主にし、何と最後は王女と結婚まで持っていきます。王様への贈り物作戦、偶然を装い、王様とお近づきになる策、そして知恵を働かせ、強敵・人食い鬼を食ってしまう。そんな猫に脱帽です。
(画像をクリックすると大きく見られます)
ガブリエル・パチェコが描くと、登場人物、ファッション、すべてがおしゃれになります。この物語は中世、お城の様子が精密に描かれます。全体に濃いグレーの空間に、動物たちや人間がリアルでありながら、愛着のあるデフォルメです。顔の表情がいかにも声を発しているよう。筆で描いているのでしょうね、たいへん細やかで深さがあります。CGも使っているのでしょうか、グラデーションがキレイです。ポイントに入る赤、所々使われるブルーが美しいです。
(画像をクリックすると大きく見られます)
きれいです
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス